成功マニュアル

ITエンジニアにとっての成功
ITエンジニアにとっての「成功」とはなんでしょうか。
様々な回答があると思いますが、総じて言えることは「世の中に貢献し、求められる技術者となる」ことではないでしょうか。常に世の中から求められるITエンジニアとなれば、「報酬」や「更に自らを向上できる環境」といった「価値に対する対価」も自ずと得られる事でしょう。
培ってきた経験、目的意識、環境に応じた技術をバランスよく使用することで、世の中に貢献ができるITエンジニアになることができます。また誰にも束縛されること無く、様々な環境に身を置き、周りの人々に良い影響をあたえることができるのも、フリーエンジニアの醍醐味と言えます。
そんなフリーエンジニアとなるため、是非スキルサーフィンを活用して下さい。
「スキル」を武器に時代の波にのる
 ITエンジニアの人生は順風満帆なものではありません。「市場環境」や「企業環境」、「景気」という名の波を上手にサーフィンするには、テクニカルスキルを追い求めるばかりではなく、「本質的なスキルアップ」が必要です。また、フリーランスという生き方には「文化」や「社風」といった制約が無いため、物事を俯瞰で見る事に慣れているとも言えます。それらに磨きをかけることで、常に一歩先を見据えながら成長を続け、時代の波に乗り続けることができるでしょう。
 「IT x フリーランス」だからできること。そんな豊かな人生をITエンジニアに提案するため、2003年に「スキルサーフィン」が生まれました。以来、約15,000名のITエンジニアを支援しています。
従来の「山登り」戦略の落とし穴
 今までのキャリア戦略で多いのが「山登り」のイメージです。これは、まず地図を広げ目指すべき目的地を決め、登山ルートを選び計画的に登っていく方法です。具体的な道筋を予め描くキャリア戦略は、終身雇用という後ろ盾もある中で、ITエンジニアだからと言ってもてはやされていたIT業界の黎明期~普及期には有効なものでした。
 しかし、常に変化し続ける市場環境や、企業の合併、倒産などが当たり前の現代社会では、山登りにおける地図、地形が急激に変わってしまうため、予定していた登山ルートを登れず、山登りキャリア戦略は成り立たなくなったのです。技術スキルだけを蓄積させることで安定したキャリアプランを描けていた時代は終わり、年令と比例した単金を得ることが困難になっています。また、既存の技術やポジションに囚われていると、キャリアアップを図っていたつもりが気がつくと自分の居場所が無いというキャリアショックに陥る可能性があります。
積極的にユーザーに関われる
 現在の技術革新の変化は平均として人生に3回のスキルチェンジを要求するとも言われていますが、特にIT業界ではその傾向が強く、常に高スキルの人材が求められ、日々多くの求人情報が飛び交っています。もっとも人材が不足している30代のプレイングマネージャー層はその傾向が顕著に現れていると言えます。
スキルを「価値」に変える「個」を確立する
 キャリアそのものを目標とするのではなく、市場環境や企業環境・企業組織や自分自身に起こる様々な変化や偶然をうまく活かしながら、以下のスキルを高めていきます。
  • テクニカルな要素に固執せず物事の本質を理解するスキル
  • 柔軟に軌道修正しながら前へ前へと進むスキル
  • 瞬時に価値観に基づく方向性を見出すスキル
積極的にユーザーに関われる
 職位や地位は将来消えてなくなる事が考えられますが、それらに固執せず、自らの「価値」を上げるためのスキルを身につけていくということです。生涯、そのスキルが不要になることはありません。具体的には、自分に足りないものを客観的に捉えること、自分自身で仕事を組み立てられようになる事を目標にすることで、キャリアの幅を広げられるだけではなく、危機的な状況を打開することが出来る能力が身につきます。
 スキルサーフィンのスタッフが、ITエンジニアの「本質的なスキルアップ」をフォロー致します。
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
案件を依頼する(簡単1分で完了)
簡単無料会員登録
ナミの部屋
お友達紹介キャンペーン
参画までの流れ
スキルカウンセリング
今求められるITエンジニアの傾向
企業の皆様へ
ITエンジニアの転職、FOSTER CAREER
プライバシーマーク

案件応募・お気に入りに登録するには会員登録をお願いします。

【無料会員登録】

会員の方は、メールアドレスとパスワードを入力して下さい。


メルマガ会員登録

案件への応募を受け付けました。

お気に入り登録を受け付けました。

ログアウトしてもよろしいですか?